ドイツ国内送料無料|1000ユーロ以上お買い上げで世界中送料無料

品質の優位性

Pichincha in Quito, Ecuador

着心地の新時代

Stefan Brandt(シュテファン・ブラント)は、世界的に比類ない品質のコットンジャージーにより、メンズ・レディースの最高級ジャージー・コレクションを展開しています。

創業者Stefan Brandt博士は、1994年から新しい加工技術の開発に取り組んできました。2012年、彼はブレークスルーを成し遂げ、唯一無二のコットン生地を生み出すことに成功します。それは実際に肌で感じられるだけでなく、明確に数値化できるUSPを製品に与えるものでした。今日彼のイノベーションは、ファッション業界での革新的な功績とみなされています。

2015年、Stefan Brandtはさらなるマイルストーンを打ち立てます。ペルー産の厳選された超長綿ピマコットンを革新的な工程で加工することに成功したのです。この贅沢なコットン生地は、主に手作業による技術と、画期的な「15段階のプレフィット加工」を施すことで完成されます。これらの工程が、この最高級コットンに内在する「南米のシルク」を段階的に引き出していくのです。

厳選された高品質の原材料と新しい工程の組み合わせにより、Stefan Brandtはジャージーの品質を、単なる非凡であったものから最高級のものへと高めることができました。今日、ドイツ、スイス、オーストリアのパイオニア企業達は、快適な着心地の新時代が到来したと語っています。

Finest Premium Pima Cotton

USP

Stefan Brandtは、市場で入手可能な最も貴重な原材料を使い、最適に調整された工程によって生産を行っています。さらに精巧な「自社技術」を駆使することで、これまでにない品質での着用感と手入れのしやすさを保証します。

また、従来はオーダーメイドの服に限られていた仮縫い(※)などの手縫い技術をジャージーのシャツやポロシャツに応用したのも、Stefan Brandtの革新性です。

USP「ニット生地」

私たちのニット生地の優れた特性は、以下のような軸に基づいています。

  • 手作業で選ぶ超長綿ピマコットンの収穫:未熟や過熟な繊維は摘み取りません。
  • 革新的な工程:ペルーとエクアドルの2カ国で、綿花収穫時の選別から生地の生産、加工に至るまで革新的な技術を用いています。
  • 「プレフィット加工」:薬剤を加えることなく、水、蒸気、熱を用い密閉システム内で100℃を超える温度で処理します。これにより、生地はこれまでにない素材特性を獲得します。
  • 最高品質の染料と添加物
  • GOTS(オーガニックテキスタイル世界基準)認証取得。使用している物質は、持続可能な繊維生産のための認証ブルーサイン®ブルーファインダーに記載されている他、エコテックス®スタンダード100、Cradle to Cradle®認証(EPEA)、EUエコラベルにも準じています。

私たちの穏やかな工程とプレフィット加工は「15段階のプロセス」と表現され、原材料と生産能力の高いロスを伴います。その高い努力により、妥協のない品質と以下のUSPが保証されるのです。

  • 優れた生地本来の伸縮性と寸法安定性
  • タンブル乾燥機への適性(最高温度90℃でも可)
  • 60℃の洗濯でも保たれる染色堅牢度
  • (シルクやカシミヤに似た)非常に柔らかい肌触り
  • シルクのような見た目(ピュアシルクに似た表面)
  • しわのつきにくさ(厳選された超長綿の繊維長のため、実質的にアイロン不要)
  • ヒューマンエコロジーに最適化されたニット生地(アレルギーのある方にも)

USP: デザインと仕立て

Stefan Brandtの流儀は、素材と精密な職人技への賛辞です。Stefan Brandtは、コストに関係なく完璧な製品を作ることを信条としています。これは、精巧な手縫い技術の使用にも反映されており、その一部(※)はジャージー分野での革新として、フォーマルウェアの品質における新しい基準を打ち立てるものです。

※仮縫い:以前はオーダーメイドの服でしか知られていなかったこの技法は、Stefan Brandtでは標準となっています。襟、カフス、ボタンバンドは、縫製前にすべての生地と接着芯地を針と糸で手縫いして固定します。ジャージーの分野ではこの方法は革新的であり、正確なフィット感を保証するものでもあります。ユニークなニット生地との組み合わせにより、非常にソフトで左右対称に流れるようなドレープ感が生まれます(※)。

「In-situ」測定:あらゆる品質管理にもかかわらず、縫製担当者が縫製工程で独自に寸法をチェックし、最高のフィッティング精度を保証します。

型:左右対称が必要な縫い目は、すべて型を使って縫製します。

軸上のボタン:真珠母貝のボタンは、手縫いで「軸上に」十字に縫い付けられています。

※ボタン裏側の一点縫製:見た目ではほとんど認識できない、ボタンの縫い付けを1カ所だけにしているのも斬新な特徴です。この縫製は、強い力で引っ張っても絶対にボタンがちぎれないほど高品質なものです(ニット生地の方が切れてしまうでしょう)。そのため、ボタンの交換は必要ありません。

Stefan Brandtでは、従来の産業が自動機械で行っている前述の要素やその他多くのフォーマルウェアの要素を、一貫して手作業で縫製しています。なぜなら卓越性への「近道」は存在しないからです。

完璧な原材料と、一目でわかる純粋な職人技の唯一無二な組み合わせが、すべての愛好家を魅了するのです。

Stefan Brandtのお客様

Stefan Brandtの製品は、最高の職人技に真の贅沢を見出し、妥協のない品質、綺麗なライン、時代を超越したフォルムを求める方々のためにあります。控えめで繊細なラグジュアリーを愛する、人生に美しいものを求める女性や男性のために。これらの製品がどのように作られているかに興味がある方のために。ラベルを超えた製品の背後にいる労働者たちにも目を向ける方のために。彼らは素晴らしく細やかな仕事で日々Stefan Brandtのラベルに魂を吹き込んでいます。そのような方々に、私たちの衣服の本質的な美しさを見ていただけるでしょう。

展望

ブランドStefan Brandtは急速な発展を遂げ、多くの有名ブランドがStefan Brandtに提携を求めてきています。

しかし、衣料品業界全体が激動の時代を迎えているのも事実です。今後は中国のような大きな市場であっても、持続可能性やエコロジーといったトピックが主要な役割を果たすことになるでしょう。最終消費者は、自分が何を着ているのか、その服に有害物質は含まれていないのか、どこから来て、どんな状況で生産されたのか、環境に優しいのか、そして最終的に「明確な良心」を持って着ることができるのかを知りたがっています。Stefan Brandtの製品は、これらすべての問いに、まさに正しい答えを与えてくれるのです。

またBrandt博士が2022年にエクアドルで高級コットンの自社栽培を開始したことも、歴史的な意味を持ちます。ペルーELSピマコットンは、現在もペルー産に限定されています。実は、この高級コットンの栽培化の最初の兆候は、エクアドル沿岸部のバルディビア期初期(紀元前4400年)にさかのぼります。まさに今、この生産地で、エクアドル政府の支援のもと、Brandt博士によって初めて再び栽培されているのです。

Aktualisieren…
  • 買い物かごに商品がありません。
WordPress Cookie Plugin by Real Cookie Banner